甘い考えでキャッシングや支払いの延滞で

クレジットカードは賢く利用すれば、とても便利なものですよね。 クレジットカードを作る際には、どのような場所で作る場合であっても、だいたい「こんな便利なことができますよ」「こんな特典がありますよ」といったプラスの面ばかりが説明されますよね。 もちろん、そのプラスの部分というのはウソではありません。 クレジットカードは上手に使えば、いろいろお得なこともたくさんありますし、節約にもつながります。 高額の買い物をしたい時には、分割払いもできるのでたいへん便利ですよね。 しかし、たいへん便利なクレジットカードではありますが、自分の管理が甘いとマイナスになってしまうケースもあります。 脅かすわけではありませんし、これは自分がしっかりとお金の管理をしていれば防げることでもあるので、こういう事態にならないように気をつけよう、と覚えておくことが大切です。 それでは、クレジットカードを持っている上で、自分の中でマイナスになってしまうことにはどのようなことがあるのでしょうか。 それは、もちろん、先ほども言ったようにお金の管理に関わることです。 クレジットカードでは、カードを使って買い物をして支払などができる他に、キャッシングといって現金そのものを借りることができます。 さてこのカードによる買い物やキャッシングによるお金の借入ですが、お金を使う時や借りる時はいいですよね。 問題は、お金を返す時の話です。 買い物をしたお金も、キャッシングをしたお金も借りているものなのでいずれ決められた期日までに返済をしなくてはなりません。 借りる時にはあまり考えず、甘い気持ちでキャッシングや支払いの支払が滞った場合、どうなるでしょうか。 もちろん、そもそも借りたお金には利息というものがつきますが、延滞すればするほど、延滞金というものが発生しますので、借りたお金よりも多い金額を返済しなくてはなりませんし、支払の遅延を繰り返すといわゆるブラックリストに名前が載ってしまったりもします。 このような事態は絶対避けなくてはなりませんので、まずお金を借りる、使い時点で計画性を持って使うようにしましょう。

sidemenu