普通に生活していく分には大丈夫だと思っていたが

クレジットカードは便利だし、誰でも使っているものですが、だからといって気軽に使っていいものかというと、そういうわけではありません。 クレジットカードは当たり前ですがお金を扱うものですから、きちんと管理できないと危険なものでもあります。 たとえば、たまに聞く「ブラックリスト」ですが、これはこのような名前のリストがあるというわけではなく、返済などが滞り事故があった場合に信用情報に傷がつきその情報が信用会社で共有されるということになります。 実際にはブラックリストに載っても、現実的にそんなに困ることないと言う人もいますよね。 私もそんな話を聞いたことはありますが、実際にはそんな簡単なものではありません。 お金に関する事故、それを多くのお金を扱う会社が情報を共有しているのですから、何かをしようとするたびに、困ることも出てきます。 一人で生きている分には、もしかしたら不便なく暮らせるかもしれません。 実際、もしも大きなお金を扱うシーンになったら、できないのであれば諦めるという選択を取れば良いからです。 自分からわざわざブラックリスト入りしたことを話す人はいませんので、周囲の友人や家族などに知られるということもありません。 ブラックリストに載ったから警察に捕まるわけでもないですから、確かに困るということはないのかもしれません。 原因は簡単に言えば借金ということになりますので、すでに完済しているのであれば督促がくるということもありません。 しかし、もしも結婚したり、子どもが生まれたりといったライフステージの変化があった時には、その都度まとまったお金が必要になる可能性があります。 例えば車を買う、家族で住む家を買う、子供のために教育ローンを組む、といった大きい金額を扱う機会も多々訪れますよね。 そのような時になって、実は……、ということになるのはたいへん困りますし、家族にももちろん信用情報に傷があるということがバレてしまいますよ。 そうなってから取り消すというのはとても難しいので、そうならないように計画的に使うようにしましょう。

sidemenu