大きな買い物の審査落ちはショックだった

大きなローンなどを組む前には「審査」というものを受ける必要があります。 この「審査」の基準というのは、一般的に「審査を受けた人」に基準が開示されることはないですし、もしも「審査」に落ちてしまった場合にも、なぜ落ちたのかという理由は教えてくれません。 そうなると、自分では何がいけなかったのかわからないですよね。 大きなローンを組む前には、当然ですがその大きな買い物をしよう!と決断するまでに迷ったり悩んだりしますよね。 せっかく大きな決断を下したのに、いざローンを組もうと思った時に「審査」で断られたりすると本当にショックですよね。 しかし、そうやって「審査」に落ちてしまうと、この「審査」だけに落ちるのか、他のところでローンの申し込みをするとどうなるのか気になるかもしれません。 先に結論から言ってしまうと、そのような「審査」に落ちた場合には、他の場所で「審査」を受けても落ちます。 まず、「審査」に使われる信用情報が共有されていること、それからローンの申し込みをしたことは半年くらいは記録に残りますので「審査に落ちたこと」もほかのところからも見えてしまうのです。 他社が断った人に「審査」のOKを出すことはないので、やはり断られる可能性のほうが高いと言えます。 ローンの申し込みを連続でしても失敗履歴が増えるだけなので、避けるほうが賢明です。 しかし、本当に審査に落ちる理由がわからない、という人もいると思います。 もしかしたら誤った情報が信用情報に記載されていなとも限りません。 どうすれば良いのかというと、金融商品に申込をする前に個人信用情報を開示してもらい、確認することです。 これを事前に行って、自分の情報にネガティブな情報がないことがわかっていれば安心して「審査」を受けることができますよね。 「審査」に落ちた後に個人信用情報を確認することも悪くはないですが「審査に落ちた」ネガティブな記録が残ってしまう前に、事前に開示を求めることをオススメします。

sidemenu